インプラント

インプラントとは

インプラントで噛み締める喜びを感じる

インプラントとは、歯を失ってしまった場所に、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その土台に患者様の歯に合わせた被せものを作る治療です。 インプラントを差し込むことで、ブリッジのように健康な歯を削る必要はなくなり、入れ歯のような不快感を感じることもなくなります。
食べ物を自然に噛み締めることができ、「食事が楽しくなった」と実際にインプラントをした患者様からお話を聞くことが沢山あります。
良い事尽くめのように感じるインプラント、しかしインプラントにもデメリットがあります。

インプラントのデメリット

  

インプラントのデメリットには、価格が高い、骨の状態によって治療できない可能性がある、メンテナンスが必要…ということが多く挙げられると思います。
また、事前の検査や診断を誤り、インプラントの失敗に繋がる可能性があることも、大きなデメリットといえるでしょう。
当クリニックでは、細やかな検査や診断により患者様の歯がどのような状態にあるのかをきちんと把握し、インプラントを行っています。そして、メンテナンスを定期的にすることを前提で治療を行っています。

インプラント、メンテナンスの必要性

  

インプラント周囲炎をご存知ですか?
天然歯でも歯周病があるようにインプラント治療後も、口腔内のケアが不十分だと歯周病原細菌が増殖しインプラントを支える骨に炎症が起こります。インプラント周囲炎にかかると、歯茎が腫れたり出血するばかりではなく、せっかく挿入したインプラントがゆるみ最悪の場合脱落してしまったりもします。
また、天然歯にある歯根膜がインプラントにはないため、炎症が悪化しやすく1度インプラント周囲炎にかかってしまうと骨の破壊が急速に進んでしまいます。
自覚症状も少ないため、インプラントと長く付き合うためには定期的にメンテナンスが必要不可欠なのです。

お気軽にお問い合わせください
直接担当医に言いにくい事、ご意見・ご要望、また、お口に関するご質問が
ございましたら、その他お問い合わせのメールフォームよりご送信ください。